4/19の様子、取り急ぎ写真で。

花見も桃です、ももっこちゃんです。

昨日、福島にて花見をしてきました!
とりいそぎフォトギャラリーにてご紹介。
記事はまた書きますです。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | 1件のコメント

福島手帳

お土産見るのって楽しいですよね、ももっこちゃんです。

昨年秋、中合の岩瀬書店で買ったのはこちら!

ふくしま手帳

ふくしま手帳

ふくしま手帳
県民手帳です。
ちょっとしたガイドブックみたいになっていて、便利なんですよ~。
手帳としても普通に使えます。
マンスリーとウィークリーが合わさっていますが、
ウィークリーの方は福島の小ネタが書いてあってこれが結構おもしろいの。
簡易日記帳として使っております~。

で、ですが。
今、福島に来ています。
もちろんふくしま手帳も持ってきた!
明日は花見山で花見です~。
晴れますように。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | 1件のコメント

餃子を食べに 2012.10.28

円盤餃子にはまだありつけていません、ももっこちゃんです。

市内巡りを終えて、駅方面に向かいました。
市役所の近くで線量計のアラームが鳴り出しました。
あれあれと見てみると0.6μSv/hくらい出てたのかな。
えー、今日一番高いんじゃないの?まさかここで! と一同爆笑。
ここかー!みたいな。
アラームがねぇ、0.5μSv/hに設定されてたんですよね。 低いんだよね、設定が。
まあでもある程度の目安にはなります。

日曜日だったので、餃子の有名店は軒並みお休み。 入れるお店に入りました。
カウンターだけの小さなお店だったのですが、先客が何組か。
餃子と炒め物など頼んでビールでちょびちょびやっておったわけです。
先客の二人連れが、地元企業の役員クラスの方とその部下という 組合せだったらしく、話してる内容がまたおかしいの。
海外の取引先(世界的に有名なワイナリー)が高額の寄付をしてくれるというのでせっかくだから東北各地にということで、自治体の首長を招いて贈呈式をしたんだって。
福島(市か県か忘れてしまった!)だけこねぇのよ!
他全部来てるのよ、福島だけ首長がいねぇんだ!
どうなってんだかなぁ、あいつ逃げてたっていうしなぁ。 なんて言ってる。 あまりにも可笑しいの 「ほんとですか?」なんていって思わず会話に加わってしまった私たち。
ひとしきり知事と市長の悪口で盛り上がって(笑・ごめんなさいね知事さん市長さん) 話は来年の六魂祭に。
来年は福島に決まったんだよ、今日。
郡山かと思いましたよね~、福島にくるんですって。
6月ごろみたいだよ~、まだ日にちは決まってないんだって。
六魂祭を知らなかったので、東北6県のお祭りが一度に見られるんだとか、震災復興で力入れてるんだとか教えてもらったりして。
話してることの半分は揶揄とか冗談とかなんだけど、明るくておもしろいの。
私たちより少し先にお帰りになりました。
お上に文句いいつつも民間もがんばってるよね。
こういう地元企業さんが元気に活躍してくれるといいよなぁ。

かなりぎりぎりまでおしゃべりしてたものであせってバス乗り場まで移動したのですが、
22時過ぎても人も多いし、前日にも思ったことですが、 駅前には活気があるなぁと思いました。

ままどおる買うの忘れてて、途中のサービスエリアで買いました。
バイバイ、福島。また来ます。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

仮設住宅 2012.10.28

まじめは苦手です、ももっこちゃんです。

市内をドライブしながら、3箇所仮設住宅を見ました。
わざわざ見に行ったというよりは、
通り道なのでちょっと様子見てみる?という感じです。
どんな感じか見て、写真でも撮ろうと思っていたのですが。

最初に見た仮設住宅は、広い敷地に長屋状の平屋の建物が
たくさん建っているいかにも仮設、という感じのところでした。
日曜の午後で雨も降っていたからか、建物はたくさんあるのに
人の気配があまりせず、寂しげな印象でした。
人影も見えませんでした。
でも間違いなく人は住んでいで、ここに生活があるはずなんですよね。
そう思ったら、写真撮る気はしなくなりました。
どこかにいって、その辺の誰かが住んでいると思われる住宅に
カメラを向けるなんてことは普通はしないはずなので。
本当にテレビで見るのと変わりなくて、
大した基礎もなさそうだし、壁も薄そうだし、冬が思いやられました。
ショッピングモールに近いので生活には便利そうでした。

次に見た仮設住宅は、花壇が作られていたり、壁に絵がかかれていたり
最初に見たところよりも明るい印象で、生活感もより感じられました。

3箇所目は、道を走っていたらいつの間にか仮設の敷地に入っていたのでした。
以前は道だったところが敷地の一部になっていたようです。
Tさん夫婦も知らなかったようで、あれ~こここうなったんだ~と言っていました。
ここではもう暗くなってきていたので様子があまりわからなかったのですが、
車も少なくて、明かりがついている部屋もまだ少なくて、
日曜日の夕方だから皆さんおでかけなのかなぁ、という感じでした。

仮設仮設とひとことで言うけれども、3箇所それぞれに印象が違いました。
それぞれに人が住んで、くらしがあるのだから、違って当たり前だよなぁ、とぼんやり思いました。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

ヨークベニマルに行ってみた 2012.10.28

ああ桃に出会うことはできるのでしょうか、ももっこちゃんです。

んめーべを後にした私たちは、また福島市内に戻ります。
ヨークベニマル福島西店
知らない土地のスーパーはおもしろいもんです。
生鮮食料品が充実してるなーと思いつつぷらぷらしていると、
なにやらピンク色の丸い物体が見えるではないですか。
あれは…
もしかして…

untitled

ありました!
当日に入荷したのではないらしく、値下げされていました。
写真によれば1個120円だったみたい。
大きいのに安いなぁという印象でした。
ゆめかおりという晩生種でした。
(味はだね、正直やはり、値下げされていただけあって、大味というかだね
食べごろを逃した感じでした)

これをひとつ買いまして、
その他帰りの夜行バスの中で飲む様の酪王ハイ・カフェオレやら
飲むヨーグルトやら三五八のもとなど買いました。
なんかおもしろいものがいっぱいあったよー。
雪割納豆とか。
芋煮セットとか。
今度はもっとゆっくり見たいです。

1-DSCF7778

帰りがけに隣の岩瀬書店にも寄ってみました。
ここも放射能・原発コーナーができていました。
ここも充実の品揃えでした。
あとね、福島のローカル月刊誌があってすごいおかしいの。
知事の悪口とか書いてあんの。
こういうのがおもしろいですね~、地方の本屋さんは。

いやいや、まさか出会えるとは、という感じでしたが、ありました~!
もう夢中で写真撮っちゃったもんね。
地元のおばちゃんに怪訝そうな目で見られたよ。

無事に桃に出会えたところで市内巡りは一段落。
いっぱいやりに駅前へ移動です。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

JA伊達みらい んめ~べ に行ってみた 2012.10.28

伊達に上陸、ももっこちゃんだよ!

閉店間際のんめ~べに駆け込む!
んめ~べというのは、JA伊達みらいの運営する直売所で
広いんですよ~。
野菜や果物、お米はもちろんのこと、加工品もたくさん売ってる。
地元産品が欲しい方は寄ってみるといいと思う。楽しいです。

果物売り場に走る私たち。
林檎、いちじく、なし、ぶどう…
桃はない……悲しい…
しかし、いちじくも好きなので、西多摩にはあんまりいちじくないのよね。
他にもおもしろいもんはないかしら、
せっけんに使えそうなものないかしら(すぐその考えになる)
とか思いながら、閉店間際なので急いで会計して戻ってきたら
Tさんが職員さん捕まえてしゃべってた。
なんと、朝は桃あったんだって!
売れちゃったんだって!
ああ~、残念~。
しかし、やっぱりあるんだねぇ、すごいねぇ、産地って。
職員さんによれば、11月初旬まで出るとのこと。
種類は晩生種や黄桃メインになるし、量も少ないが、まだあると。
同じ種類で2箱揃えたいとかだとちょっときびしいけど、
あるものでよければ箱詰めして送ることも出来るし、
電話いれてくれれば、あるものを確認できると。
すばらしい!
11月初旬までは桃は食べられるってことですよ。
あればラッキーぐらいに思っていたんですけど、
本当にありました。見てないけど。
ありがとう、JA伊達みらい!
これで全国の桃好きが安心して眠れるというものです。
次はもう少しゆっくり来たいですね~。

桃があるということがわかったので、んめーべは後にして
地元スーパーへ移動! (続く)

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

福島市内めぐり ドライブ&ランチ 2012.10.28

桃のためなら三千里(うそ)、ももっこちゃんです。

久々の更新ですが、2012年秋の福島旅行の模様をしつこくお伝えします!

買い物を終えて、市内をドライブしながらランチのため飯坂温泉方面へ。
信夫山の周辺や仮設住宅を横目でながめつつ。
線量計を持っていたので、どこで線量があがるとかあがらないとか
きゃあきゃあ言いながらのドライブ。

飯坂方面に向かい、花水坂駅近くのローズマリーノさんにてランチ。
ハーブを使ったイタリアンのお店です。
写真撮るの忘れてしまったのだった。料理に夢中で。
ランチメニューをいただきました。
前菜とパスタにデザートも!
デザートは確か、桃のメニューが終わってて林檎にしたんだったよな。
桃。食べたかった。
ハーブ使いがさりげなくてよかった。
とてもおいしいので、また来たいお店です。

オーナーシェフはご実家が果樹園とのことで、
Tさんが、この辺でまだ桃が買えるところがあるか聞いてくれました。
なくはないとのこと!
前の週には無人販売所にも出てたと。
それにしても桃は保存ができないので…
梨ならうまく保存すれば翌年の春くらいまで持つんだけど…
とシェフ。
ええ~、春まで?!と驚く私たち。
桃もはねものなら農家はまだ持ってるだろうし、
冷凍したりして結構あるとは思うけど…と。

昔話みたいですね、なんて言われたりして。
子供が熱を出してどうしても食べたいっていってるから季節はずれの桃を探す…
みたいな。おじいさんが死ぬ前にひとくち桃を…とか。
いやぁ、ただ食べたいだけなんですけど、言われてみれば確かにだ!(笑)

無人販売除が一番可能性あると思う、
スーパーよりは農協の直売所の方がいいのでは?など、
色々教えてもらいました。
そうか、この時期になってもなくはないんだ。
すげぇな、さすが産地。

そういうわけで、JA伊達みらいの直売所んめ~べに向かうことに。
途中の道々は果樹園がずっと続いているのでロッカー式の
無人販売所がたくさんあります。
ある度に徐行してもらって中を確かめるんだけど、林檎ばっかり。
やっぱりないのかぁ…
(続く)

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

福島市内めぐり まずは土産を物色 2012.10.28

まるで桃パンの復活を強く望みます、ももっこちゃんです。
さて、福島滞在最終日は市内観光~!
あいにくの雨だったため、車の中から 眺める感じになったのですが それでもあちこち見られて楽しかったな~。
時系列で書いてみたいと思います。

福島市内に住むTさん夫妻と昼過ぎに合流して まずはコラッセで買い物。
最初が土産物かい!と突っ込みたい向きもあるでしょうが
まあまあ、色々おもしろいんですから。
おいしいものが多いし、工芸品もいっぱいあるので コラッセの1階だけで軽く 2時間はつぶせるね。

やはり桃の加工品やお酒は種類が多いですね~。
お酒は一度はこちらのドクター野口のフラスコを買ってみたいんだけど 重たいので今回は断念。
資料とかPCとか持ってて荷物がでかいわ重いわで。
桃製品はですね、生の桃を買うという大目標のためにここで運を使ってはいかんということでパス。
酪王カフェオレ関連製品も色々あって迷う。 キャラメルを数個買いましたが、オムレットとか超うまそう。
なんか、コンビニでロールケーキ的なものも福島限定であるとかないとか聞いたんですけどほんとですか?
あとかわいい麩を買いました。
母に。安くてごめんね、母。
でも麩好きじゃん?

あと何買ったっけ?意外と買わなかったんだっけな?
さごはちはスーパーの方が色々あるよと聞いてここでは買わず、
畑の仲間へのお土産は買い忘れて帰りのパーキングでままどおるを買ったのだった…。
ていうか、ここで色々見ておもしろくてままどおる買うのを忘れてたのよね! ままどおるはどこでも買えるからという油断もあって忘れていたのだった。
ビール好きの友達に地ビールをと思っていてそれも忘れちゃって 結局キャラメルになっちゃった。だめじゃん。
その他気になったのは、ハーブっぽいもの。 ヤーコン茶とかいっぱいありました。 えごま製品も色々あったね~。
本業の方で時々お世話になってる協同製油さんの菜種油もあった。 おいしいんだよ~、これ。 地震の後どうなったかちょっと気になっていたので製品があってうれしかった。

工芸品も色々かわいくて、張子のべことかね。
張子のものは総じてかわいかった。
塗り物とか絹製品も色々。
小一時間はいたんじゃないかと思うけど、
ここだけで結構楽しめます。
ちょっと時間ないけど福島っぽいところみたいなーなんて時にもお勧めです~。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

福島駅周辺にて 2012.10.27

桃が一年中食えるようにならないだろうか、ももっこちゃんです。

さて、土湯温泉からまたバスで下って福島駅へ。
午後から福島っ子元気村キャンプの報告会があり、
他のメンバーと合流するため駅まで戻りました。

私の方が先に駅に着いたので、中合(駅前のデパート)へ。
お目当ては本屋さんです。
福島市内のほとんどの本屋さんで売り場をかなり割いて 放射能・原発関連のコーナーができていると聞いて、 どんなもんじゃいな、と見に行ったわけです。
確かに、広いな。 本屋さんの大きさとしては、それほどではないと思います。
首都圏だとターミナル駅の駅ビルには大抵これくらいの 広さの本屋さんがあると思います。
そのくらいの広さ。
そのくらいの広さの本屋さんで、幅一間ほどの棚を占めるというのは なかなかのものだと思います。
品揃えはなかなかにカオスでした。
やはりベストセラーが並んでいます。
開沼さんの「フクシマ」論フクシマの正義田崎先生のやっかいな放射線などなど。
それに武田さんのエアカウンターSがくっついたムック本やら 小出さん、野呂さん、バベンコなどなど。
それらが渾然一体となって売り場に並んでいる。
これは売り場担当者も迷っているのかなぁ…などと思ってしまった。
この売り場からほしい情報を選り抜くのはなかなかに難しかろうと思いました。
それでね、お勧めされた一冊を買って帰ったんだけど、 それはまた今度紹介します。

2週間ほど前、地元日の出町のイオンモールに行ったので 本屋を覗いてみましたが、原発・放射能関連コーナーは見つけられなかったですね。
ノンフィクションのコーナーにプロメテウスだったりよしりんの本なんかは ぱらぱら散発的に置いてある。
開沼さんや田崎先生の本は見つけることすらできませんでした。
理系のコーナーにも特に事故に関連した陳列はなかったですね。
正直、売り場面積は中合より広いですよ。
でもない。
今、首都圏の多くの本屋さんがこんな感じではないでしょうか。
神田の三省堂や東京駅の丸善もチェックしたいところだが 行く機会がない…。

ちなみに、イオン、福島産の果物なかったよー!
りんごは青森や長野が多く、 洋ナシは山形、ぶどうはアメリカでした。
桃以外もぜひお願いします、イオンさん。

閑話休題。
キャンプの報告会については福島っ子元気村キャンプのブログに任せるとしまして、 久々に再開した子どもたちとこむこむに遊びに行きました。
地元だけあって、子どもたちはのびのびしていて、こむこむまでの道のりは 彼らが先導してくれました。
こむこむってのはどんな施設なのかとても興味があったんですけれど
遊びながら自然科学が学べるようになっていたりして、おもしろいんですよねー。
科学博物館をもっと子供向けに噛み砕いてあるみたいな施設で。
みんなそれぞれ興味のあるところに行って遊んでいました。
図書館も充実でした。
霧箱作りなんかもやって、放射線教育もここでやっちゃえばいいんじゃないかと思いました。

夜は、交流会と称しまして保護者の皆様といっぱいやりに行ったんですが、
夜の街はとてもにぎやかで、首都圏のちょっと疲れている飲み屋街に比べたら全然活気がある感じでした。
人通りも多いし。 こんなににぎわっているのかーと少々驚いた。
イベントもやってましたよ、なんのイベントかよくわからんかったが。
復興関連で県外からの出張族も割と多くて福島駅近くの飲食店は 景気がいいという話も聞きますね。
実は予約がなかなか取れなかったんですよ、飲み屋の。
人数が多かったり土曜の夜だったりしたせいもあると思うのですが、
福島駅前でのご宴会ご予約はお早めに、と思いますです。はい。
入った飲み屋さんも、到着した時はまだ空いてましたが、 帰るころにはかなり席が埋まってました。
ほぼ満席にちかかったんじゃないかな。

街の中もとっても興味深くてまだまだ見られていないところも多いので、 街歩きもじっくりしてみたいですね。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする

土湯温泉から少し山の方へ 2012.10.27

朝からだって桃が食いたい、ももっこちゃんです。

土湯温泉にて一泊して翌朝。
少し早起きして、男沼の方まで行ってみようと、ハイキングに。
時間がなくて多分たどりつけないんだけれども、
この辺の山はどんな感じか見てこよーと思いまして。

トップ写真にもしたこれ。5分も登ればこんな景色。

森の中を歩いていく感じが素敵です。

結論からいいますと、男沼どころかその手前の湿地にもたどり着けず、
ただちょっと山の方に散歩しに行った、という結果だったのですけれど
それでもちょっと福島の山を見ることができたのかな、と思っております。
熊注意の看板があったりして、なにも装備して来なかったので
それはそれでよかったかも。


栗がたくさん落ちていた。
動物に食べられているような形跡も。猿かな?
うちのあたりで見る栽培されている栗に比べてだいぶ小さかった。
山栗というやつかしら?


紅葉が始まっています。
この辺りが引き返したあたり。
降りながら写真を撮りました。

これはクズのような葉っぱだったんですけど、

クズってこんなに紅葉するっけ?!

見慣れた杉林もあった。

あまりお手入れはされていないのかな、という感じ。
なんかいつも見ている杉に比べて背が高いような。
崖の上から見下ろしてるからそう見えるのかな?

下まで降りてきました。


ん~、温泉街~。

足湯に入ってみた!

足湯は温泉街にいくつも点在していて、
どこもこのように座りやすい形状になっております。
おやつくらい食べられるね。温かくて気持ちよいです。

いったん宿に帰って、チェックアウトぎりぎりまで朝風呂入って
宿を出た(素泊まり5,000円で満喫しすぎだろ、と自分でも思う)。
バスの時間までもう少しあったので、今度は温泉街をぶらぶら。

これは六地蔵までの七曲がりで撮ったもの。

六地蔵。

新しい感じ。右奥に古そうなお地蔵さんが。

もともとはこちらだったのかしら。

苔むして、鎮守の風格が。

滝のつり橋。

もちろん渡ってみる。きゃー、どきどき。

と思ったけど、全然揺れない。

実はこのつり橋、渡れるけど向こう岸に行けない。
地震の影響で危険があるため、まだ通行不可。
向こう岸にある足湯に入れない。
開通したら再訪したいものです。

つり橋の上から。

これは下流を眺めているのだけれど、

上流はこう。

ずーっと滝が続いている。

これどこで撮ったか覚えてないのだけれど、

つり橋の方から降りてくる途中だと思う。

前日夕方ご飯を食べに行ったときには閉まっていた土湯見聞録館。

こけし、こけし!
小さいものから大きいものまで、こけし!

小腹が空いたので、こんにゃくやさんに。

ちょっと寒かったんだけど、こんにゃくソフトの文字に釘付け。
震えながら食べる。
しゃりしゃりしておいしかった。
お店の前に独自に計った空間線量率の値を表示していました。
ここは市役所の支所の前なので、大体数字は同じくらいでした。
お店の中は当然ながらもっと低いし。

あわててお土産を買って、バスに乗り込む!
超楽しかった~、土湯温泉。また来たい。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう | コメントする