春の福島、お花見に行こう! 花見山へ編4/19

春は桃も花の季節です、ももっこちゃんです。

4月19日。
暖かいのでエアコン切って寝たのに暑くて目が覚めたのが7時過ぎごろ。
テレビは中央の朝の情報番組。
ローカルニュースになると各地の線量率を天気予報のごとく放送するのもいくらか慣れたかな。
起き抜け一杯、酪王カフェオレ飲んで、9時半前くらいにホテルを出ました。

天気予報がよくなくて天気を心配していたのだけれど、とてもいい天気。
帰りの新幹線のチケットを変えてしまおうと思って、まずは緑の窓口へ。
自動販売機で発券すれば300円やすくなるよと教えてもらう。
コインロッカーに荷物を預けてヴィドフランスでコーヒー。
朝から結構にぎわってるなーと思ってたのが、10時過ぎたらがら空きに。
みんな10時の花見山行きバスに乗ったのだろうか?
ほんとーにあっという間にがら空きになったのよ!

10:10過ぎに駅前に移動。日向は暖かいが日陰は風が吹くと寒い。
10:15ごろTさんと合流。久々の再開。
挨拶もそこそこにバス乗り場へ。
花見山行きバスは臨時増便バスなので、ICカードなどは使えず、
往復のチケットをもぎりのおにいさんから直接購入。
500円也。
たくさんの人がチケット売りのお兄さんたちをわらわらと囲む。
10時半のバスに乗るつもりだったので、少し早いかと思いきや
すでに行列が出来ていて、ぎりぎり座れた感じ。
立っているお客さんもかなりいて、満員。

運転手さんのアナウンスが可笑しい。

曰く、
チケットはお降りの際に拝見します。帰りのバスも同じチケットですので
忘れずにお持ちください。時々大事にしすぎてなくされるお客様いらっしゃいますうので気をつけて。
帰りのバスはこのバスを降りた同じ場所から乗ってください。違う乗り場から乗りますととんでもないところに連れていかれますよ。
国道四号線に入りました。6月1日と2日に六魂祭があるので中央線取ったんですよ。六魂祭は毎年混雑が大変なんですけどね、福島はそんなことないと思いますからまた来てください。

(でも実際は六魂祭、混雑したそうですね・笑)

15分ほどで花見山に到着。
バスからもちらちらピンク色の山が見えていましが、
バスを降りると非常にのどかな風景が広がっています。
駐車場はかなり広くて、平日なのに大型バスが何台も止まっていました。
私たちが乗った福島交通の花見山号も30分か15分に一回来ます。

駐車場が一番標高が低く、少しずつ高くなっていって、山の入り口からは斜面です。
斜面の手前のなだらかなスペースには物産販売コーナー(プレハブ)や仮設トイレがたくさん!
これは帰りの物色が大変そうだぞと思いつつ山へ。

Share to Facebook
Share to Google Plus
カテゴリー: 福島へ行こう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>